Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

パンダ犬の「地獄は一定すみかぞかし」をまとめてみた結果!

ニュース

パンダ犬の「地獄は一定すみかぞかし」をまとめてみた結果!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

親鸞ほど、
人間の「光」と「闇」の間でゆれ動いた信仰者は稀だ。

浄土仏教への信仰を貫きながらも、我が身の罪深さ、
自分の信仰が偽物ではないかとの懐疑に懊悩し続けた。
そんな親鸞を支えていたのが
「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、
ひとへに、親鸞一人がためなり」
との確信だった。

あまりにも有名な親鸞の言葉だが、
常識的に考えれば、傲慢ともとれる言葉だ。

しかし、深く読み解いていくと、そこには、
我が身一身でこの教えを引き受け、
その切実さを生き切ろうという親鸞の実存的な決断がある。

第四回は、
「歎異抄」後序に記された親鸞の信仰人としての生き様を通して、
「人間にとって宗教とは何か」を考えていく。
NHK100分de名著 歎異抄 人間にとって宗教とは何かより

「歎異抄」の中で最も有名な一節、

「善人なほもつて往生をとぐ。いはんや悪人をや」。

普通に考えれば「悪人でさえ往生するのだから、
まして善人はいうまでもない」というのが筋のはずだが、
親鸞は「善人よりも悪人こそが救われる」と論理を逆転させる。
有名な「悪人正機説」だ。
ここでいう「善人」が「自力で修めた善によって往生しようとする人」
を意味することに注目する必要がある。
そこには「仏の目からみれば全てが悪人であるのに、
自分自身は善人であると思っている傲慢さはどうなのか」
という親鸞の問いがあると釈徹宗さんはいう。

また、一般的な社会通念では決して救われないような
人々に対して全く異なるものさしを提示することで、
弱者や愚者といった社会の底辺に置かれている人々が救われる原理を
追求したのが親鸞の「他力本願の思想」なのである。

第二回は、親鸞の思想の核心である「悪人正機」と
「他力」という言葉に込められた深い意味を読み解き、
自らの悪を深く自覚した人、
社会の底辺で生きる弱者や愚者こそが救われるという、
親鸞の教えの核心に迫っていく。
100分de名著 歎異抄「人間にとって宗教とは何か」より

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ