旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

「伊達政宗」「鷹好き?狩好き?」をチェックしてみた!

ニュース

「伊達政宗」「鷹好き?狩好き?」をチェックしてみた!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう


鷹狩り好きだった政宗の話しを……

政宗は若い頃から鷹狩りが大好きだったようです。

鷹狩りは身分ある武士の嗜みとされていましたが、政宗は『嗜み』を超えるものがありました。

時には、徳川家康の鷹場へ忍び込んだこともあったようです。

晩年には、国許での狩りが、江戸での気詰まりを晴らす為の絶好のストレス解消になったに違いありません。

好きな事をするのが一番ですよね!

獲物は、雁・雉子・菱喰(ひしくい)・鶴・兎・狐など様々なようです。

菱喰=ガンの一種でマガンより大きい。

多い日は300羽もの鳥を捕っていたようです。

凄い量ですよね。


勿論、味も楽しんでいるようで、嫡子忠宗への手紙には…

『10月半ばの鶴は風味が劣る』



『2月半ばの雁は脂がのっていない』

など、味へのこだわりが感じられます。
私の父も趣味で猟をしていましたが、狩猟期間が冬しかありませんから、年間を通して味比べはできないですからね。


こんな手紙が…

息子、宗泰(確か四男?)に宛てた手紙。

天気悪く候て、しかじか
川猟もこれ無く帰り候。
ようやく雁来たり候間、
鷹野つかまつるべき覚悟に候。

八月九日    政宗


また、狩りの獲物は将軍や大名、息子や家臣達への贈答にも使われていたようです。

親交を深める為にも大事な役割をしていたのですね。

ては、政宗はいつもどこに居たのでしょうか?

政宗はどこにいた

天正18年(1590)5月の小田原参陣で初めて外へ足を踏み出します。

その後約10年間は岩出山城を居城としますが、実際にここに住んだのは、8ヶ月に満たないようです。

政宗は家督相続後、人生の6割近くの時間を領国の外で過ごしています。

移動に費やした時間が約3年…
江戸や京都・大阪…それに、佐賀の名護屋から朝鮮出兵にも行ってますからね。
政宗が戦場に臨んだ時間もほぼ3年と言われおります。

私だったらストレスで入院ですね。

仙台城時代 (政宗34歳から61歳)

仙台=38%
領内(狩りや巡見)=8%
江戸・駿府=35%
畿内=10%
戦場(大阪の陣)=1%
その他(移動など)=7%

となっています。
61歳以降亡くなるまでもほぼ割合は変わりません。
戦場が無いくらいですかね。


私が近いのは、旅枕が長かったくらいですかね。


長々と失礼しました。
ひーさんの散歩道より

伊達政宗も鷹狩りを好んでいたと聞きます。所持していた鷹や鷹の名前をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

伊達政宗がどうだったかは知りませんが、古来日本の鷹狩文化の中で持て囃され、珍重されてきたのはオオタカです
日本の鷹類の種名は「獲物を目指して真っすぐ飛ぶ=サシバ」「はしっこい動きをする=ハイタカ」等鷹狩文化に由来するものが多いことは有名ですが、チョウゲンボウやノスリなどは鼠しかとらない役立たずとして「まぐそたか」と称されたのに対し、鷹といえば全てオオタカを指した程です
姿が良いのに加え、鳩や鴨等の鳥類をよく狩りときにはハイタカ等小型の猛禽、兎などの哺乳類を狩りもした性質が非常に好まれたそうです。
ヤフー千恵袋より

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録